若ハゲが起こりやすい人の特徴|自分自身を見つめなおそう

メンズ

若い年齢の薄毛

ヘアケア用品

20代や30代の若い年齢の方、早い方だと10代から、だんだんと髪の毛が抜け落ちて薄毛になってしまう病気があります。これは若年性脱毛症といい、一般に若ハゲと呼ばれるものです。比較的女性よりも男性の方に多く、また遺伝が大きく関係していると言われています。しかし若ハゲを発症しやすい方とそうでない方がいて、どのような方が発症しやすのか、その特徴について紹介します。まず1番は、やはりストレスが多い方です。プレッシャーに弱く、悩みやストレスを常に貯め込んでしまうと、血液が上手く循環せず毛の細胞にも影響が出てしまい、若ハゲが発症しやすいです。また、髪を頻繁に染めたりパーマをかけたりしている方や、お酒が大好きな方、インスタント食品をよく食べる方、太りすぎや痩せすぎているといった方も若ハゲになりやすい人の特徴です。

若ハゲを発症しないように、またこれ以上進行させないようにするにはどのような対策をとれば良いのでしょうか。まずはストレスを貯め込まないことです。お風呂にゆっくりと浸る、好きな音楽を聴く、睡眠をしっかりと取るなど、自分で工夫してストレスをなくしていくことが大切です。また、食事をしっかりととることも重要です。若ハゲ対策に良い、ビタミンやミネラルを多くとることができる、ピーマンやブロッコリーなどの野菜を積極的に食べましょう。若ハゲ対策は、基本的に、生活習慣を見直して正すことが1番良いとされています。生活習慣を見直すと将来の健康へも繋がりますし、若ハゲも発症しにくくなり、進行も抑えられるので一石二鳥です。

薄毛の治療

メンズ

若ハゲにコンプレックスをお持ちの方は、医療機関の治療を受けてみてはいかがでしょうか。男性ホルモンが原因の脱毛はAGAと呼ばれており、生え際や頭頂部の薄毛が特徴です。AGAの治療は、皮膚科や美容外科で行われています。

もっと詳しく

若くしてハゲる原因とは

鏡を見る男性

若ハゲは20代〜30代の男性がなるものですが、その原因は遺伝子的要因よりも生活習慣の乱れやストレスなどが強いといわれています。生活習慣・ストレス・頭皮や首肩のコリによる血行不良などを見直して改善することで、進行を防いだり予防をすることができます。

もっと詳しく

若年性脱毛症の予防法

男性の頭

若くして髪が抜け落ちることを若年性脱毛症と言います。若年性脱毛症は若ハゲとも言い、生活習慣の乱れ、ストレス、間違ったヘアケアなどが原因で発症します。毎日のヘアケアを見直し、規則正しい生活をすることで予防できます。

もっと詳しく