若ハゲが起こりやすい人の特徴|自分自身を見つめなおそう

男の人

若くしてハゲる原因とは

鏡を見る男性

遺伝子より生活が問題かも

若ハゲの原因は遺伝子的要因だといわれているので諦めてしまう人も多いようですが、遺伝子的要因というのはあまり信じられていません。家族内でハゲが多いというのは食生活が関係している可能性があり、栄養バランスが特別に考えられていない食事を毎日同じように食べているのであれば、家族内でハゲが多くなる可能性があります。同じ家族でもハゲている人とハゲていない人がいるのは、生活パターンが違うからだといわれています。決まってみんなで食事をするわけではないという家族では、ハゲない人もいるようです。また、ハゲには男性ホルモンが関係しているとされています。女性ホルモンが発毛をしますが、男性ホルモンは逆の働きがあるようです。しかし、ハゲたからといって男性ホルモンが多いというわけではないのです。最もの原因はホルモンバランスの乱れなので、ハゲの原因になる男性ホルモンと発毛をする女性ホルモンが正常に存在するように、生活習慣やストレスに気を付けると良いと思います。

健康的な生活が何より良い

若ハゲは若と付くように、20代〜30代くらいの若者がなるものです。20代〜30代はオシャレを楽しみたいと思う人が多い年代であり、いろんな楽しみが多いので若ハゲになってしまうのはショックだと思います。若ハゲになった時に親も祖父もハゲていたことを思い出す人もいるかと思いますが、遺伝子的なことを考えるより自分自身の生活習慣やストレスなどを見直してみます。食事では高脂肪・高糖質・高カロリーなどを避け、栄養バランスの良い食事を心がけます。良質なタンパク質や海藻が効くといわれていますが、それだけでなく全体的な栄養バランスを考えることが大切です。適切な運動は、良質な睡眠にもつながります。運動後は汗をかくことがありますが、その状態を放置すると蒸れや菌などでハゲの原因になるといわれているので、できるだけ早くお風呂に入ると良いと思います。また、頭皮が硬いことや頭皮に至るまでの血行不良も問題なので、頭皮から肩首のコリをほぐすと予防効果があります。