若ハゲが起こりやすい人の特徴|自分自身を見つめなおそう

男の人

若年性脱毛症の予防法

男性の頭

脱毛する原因

最近は10代や20代で「若年性脱毛症」になる若者が増えています。若年性脱毛症は、別名「若ハゲ」とも言う薄毛です。中高年のハゲはAGA(男性型脱毛症)といって主に男性ホルモンが関係しています。若ハゲの原因には、ストレス過多、不規則な生活、栄養の偏り、ダイエットのしすぎ、カラーリング、パーマなどがあります。若ハゲは普段の生活習慣やストレスが原因となって起こりやすいのが特徴です。そのため、原因がはっきり分かれば、若ハゲも改善することができます。何もしないでおくと、そのままAGAになり、脱毛が深刻化する場合もあります。ストレスを溜めないようにして、夜は12時前に布団に入り、しっかり睡眠をとることが大切です。

毎日できること

若ハゲを改善するには、ストレスを発散させることと、早めに普段の生活習慣を見直すことです。また、自分では髪の毛にいいと思ってしていることでも、実は脱毛を促進している可能性もあります。一日に何度もシャンプーをすると、皮脂が落ちすぎてしまい、逆に皮脂分泌過多になります。洗髪は無添加やアミノ酸系のシャンプーを使い、一日に一回するのがベストです。シャンプーのあとはヘアトニックなどの育毛剤を使って頭皮を綺麗にしておくと、脱毛予防に効果的です。育毛剤には皮脂の抑制、血行の促進、雑菌の繁殖の予防、細胞分裂の活性化などの働きがあります。育毛剤はシャンプーをしたあと、清潔になった頭皮に塗ると有効成分の浸透力が高まります。